【FF14漫画】初期アルフィノ君を強くてニューゲームで観察!

FF14漫画(最新)
スポンサーリンク

懐かしのアルフィノ君を
追体験!

 

初期のアルフィノ君

 

ここ近年のアルフィノ君に
慣れきってしまっており

初期フィノ君のイメージというと
エンタープライズ、発進!のシーン
くらいしか思い出せなかったのですが

 

 

実際に見てみると、普段から強めの
言葉を使っているケースがかなり多く

 

 

今回遊んでいた強くてニューゲームの
チャプター4
開始時は、シドが記憶喪失で
教会のお世話になっているあたり
なのですが、突然、教会にアルフィノ君が
現れたと思ったら上記漫画の様に、シドを
気遣う事もなく、早々にシドを焚きつけて
いるシーンもあります。

ボイスも入っており、声優さんの
演技分けもあって、現在の
アルフィノ君とのギャップを
より楽しむことができます。

 

基本的には、偉そうな感じの
頭脳派な雰囲気を出しておりますが

時折、元来の心優しい部分も
ちゃんと見ることが出来ます。

 

とはいえ、作戦上はともかく
普段から仲良くするのならやっぱり
現在のアルフィノ君が良いなと
改めて思いました(‘ ;’)

 

変化後のアルフィノ君

 

そこから新生編終盤にかけて
様々な問題にぶつかり、蒼天編~現在の
アルフィノ君へと至る訳ですが

 

 

1つ前の拡張の
漆黒のヴィランズでは

盗みを働いたカイ・シル君に対し
キツく咎めたりはせず
代案を提示していたり

 

 

その後、更に彼の話を聞いて
意見を尊重する、という

人間味あふれる部分が見え
心温まるものがあります。

 

また、初期の頃よりも基本的に
やわらかい物腰になりましたが
明確な悪に対しては、しっかり
厳しい態度を取っていたりと
メリハリが効いている所も
恰好良くてイイ感じですね(‘ ;’)

 

天然要素も魅力

 

性格も穏やかになり、地頭も
元から良いアルフィノ君ですが
ところどころ、おぼっちゃま要素
だったり、天然要素が
顔を覗かせる場面があり

 

第一世界でヤ・シュトラさんが
マトーヤの名を名乗っていた事を

マトーヤ本人の前で
暴露していたり

 

 

ヒカセンに元気よく突っかかる
フェオちゃんとのやりとりを
眺めていたシーンでは

 

 

つい、一言こぼしてしまい

 

 

 

 

 

 

 

アリゼーにシメられて
いたりする事も。

 

 

これ、仮に皮肉だったり
意地悪でやってくる
タイプだとしたら

少々距離を
とりたくもなりますが

 

 

 

これらは、アルフィノ君本人としては
決してからかっている意味合いでは
無く、何かズレてはいても好意的な
意味合いで発言している事が伺えるため
そこでソレを言う!?みたいな
シーンでもあぁ…この子そういうトコ
あるよねw
くらいに許せてしまう
魅力があると思いました(‘;’)

 

アルフィノ君の成長を振り返って

 

今回、強くてニューゲームで
初期フィノ君を振り返って
みましたが

 

新生当時は、個人的に暁のどの
キャラクターに対してもそれほど
思い入れを抱けていなかったな~
と、いうのを思い出し、そこから
長い時間をかけてストーリーを一緒に
歩んで来た今の彼らはどうだろうか?
と、言うと、すっかり歴代の
FFシリーズのキャラクターにも
負けないくらい自分の中で思い入れの
あるキャラクター達になってしまって
おり、この先もどのような形で
彼らと関わって行けるのかが
楽しみな今日この頃です( ´∀` )

 

 

コメント

  1. プロストライカー桃 より:

    ノルカさんのジキハイで天魔5突破できたぜ~!
    2と6はもうあきらめております(キャラ貧)

  2. Nolca Himabami Nolca Himabami より:

    天魔の桃さん>>

    おおっ、こっちもカズさんの借りて
    ワクミンだけとれた!ありがつ!

  3. カカト より:

    アリゼーとの思い出話のときは、ちょいちょいそりゃ怒られるでしょって言い方してるよね(実際双子なんだからお前も同じ歳やろ!ってなる)

  4. Nolca Himabami Nolca Himabami より:

    カカトさん>>

    ねwアリゼーの熱しやすい性格も相まって
    もはや一種の様式美に( ゚Д゚)w