【FF14漫画】ナナモ様との冒険により刺激を

FF14漫画(最新)
スポンサーリンク

時々、もっとカメラ引けたらいいなぁ!
とかウルトラワイドモニター欲しい!
とか思うことがありますが
主観視点縛りで遊ぶといつもの
カメラワークがとてもとても
ありがたく感じました(‘;’;;;;)

 

主観視点でシラディハ水道!

 

既に皆様お馴染みのシラディハ水道!
全ルートコンプするには、12回
足を運ぶこととなります。

ルートによって、ボスが変化したりと
遊びがある為、12回という数字ほど
周回がキツいというイメージは
ないのですが、折角なのでメリハリを
つけて遊んでみようかな!と思い

サブジョブを起用し
遊んできたりも

 

 


しておりましたが

 

他にも何かエキサイトな遊び
ないかと考えた結果、今回の
主観視点プレイという運びに
なりました。
ぼっちからでも突入できる利点を
生かし、ここぞとばかりに
無茶に遊ぼうという訳である。

 

主観視点のここが凄い!

 

まずは、この主観視点プレイの
メリットをご紹介!

 

ノルカ・ヒマバミがララフェル族
なのもあり、身長が近い為
なんといっても

ナナモ様鑑賞が

 

 

しやすい!

 

 

しやすい!

 

 

しやすい!

 

 

他にも

主観視点で移動する為
ダンジョンの探索感がより
リアルに味わえます!

 

FF14は、高低差等も細かく
描かれている為、主観視点で
歩く際は床の浮き沈みも、カメラで
バッチリ反映され

足場が悪い所などを歩く際も
細かくカメラが浮き沈みし
リアリティ溢れます…!

 

 

そして、デメリットとしては
漫画の最後にも描きましたが

敵、近すぎ問題。

 

特にこの顔面モンスは
ララフェルの身長との近さ故
ものすごく圧を感じます。

 

このモンスター以外は
ララフェルからすると
見上げると首が痛くなりそうな程
巨大なタイプが多く

大体、足を眺めながら戦う
ハメに
なります。

 

サッカーで遊ぶ子供達に蹴られてる
ボールの視点はきっと

こんな感じなのでしょう。

 

そして、更に巨大なボス戦では当然
顔が見えない程の高い位置にあり

謎のフンドシと戦うという
混沌極まる光景に。

 

一応、主観視点でも
右スティックをグイッと上に
向けることで、ボスの顔も
捉えることができ

大迫力の全身も見れることは
見れるのですが、主観視点の
特性上これをやると

 


タダでさえ
見えにくくなっている
地面の可視範囲攻撃が
更に見えなくなる為。

 

結果的に

やはりフンドシとの戦闘に
ならざるを得なくなります。

 

 

これに加え、戦闘面では
様々なデメリットがあり

普段は客観視点において、見やすい
サイズになっているボスの
特殊ゲージも、外周→内周に回避する
ギミックでボスに近づいたりすると

 

 

ゲージの圧倒的
視界妨害。

 

こちらはゲージではありませんが
ボス1の巨人族との戦いで
樽爆弾に駆け寄って回避する際には

樽に画面の広範囲を持って
いかれたりすることも。

 

 

更に、プレイヤー自らの攻撃に
よる爆炎等で

セルフに視界妨害が発生したりと
大変エキサイトな内容と
なっております。

 

 

また、客観視点では普段、上方から
フィールドを見下ろしている為
ボスの行動や、フィールドの
ギミックを直視しながら、キャラクターを
後ろに退避させる。といった行動が
容易となっているわけですが
主観視点の場合、ボスを見ながら
後方移動しようとすると

ストライフ歩きになり、高速回避を
することが出来ず、大変危険。

 

故に、視線を逃げたい方向に
向け直してから走る事と
なるのですが、ボスに背を向けて
逃げる最中に、攻撃アクションを
実行するとボスの方をまた向いてしまい
攻撃と回避を同時に行う事により

カメラがぐるんぐるんと回り
ギミックの難易度が
跳ね上がる事となります。

 

 

これまでに何周もしていた
ギミックだったのと、回避に重点を
置く事により、何とかはなったものの
初見だったらノルカ・ヒマバミの場合
とてもとても大変な事に
なっていたと思われます(‘;’;)

 

 

今回、シラディハ水道を
主観視点縛りで遊んでみた訳ですが
シラディハ水道全ルートはまだ
やってないよ!と、いう方や
ナナモ様との冒険に刺激が欲しい方は…

ぼっちプレイの際や
身内でエキサイトPTの際には
主観視点縛りで遊んでみるのも
面白いかもしれません…!!

コメント

  1. カカト より:

    シラディハのナナモさまはほんとかわいいとこいっぱいあるよね
    ヒカセンと違うと扉選んでも慌てて駆け寄って戻ってくるとことか、揺らすでないフリとか自由探索でじっくりスクショとりながら周りたいわ~

    その点主観視点プレイはいいアイディアだと思ったけど、戦闘時までやっちゃうのはのるかさんらしくて楽しい

  2. Nolca Himabami Nolca Himabami より:

    カカトさん>>

    思ったよか道中でこまめにエモしてくれて嬉しい…!
    戦闘はただただリスキーだった(‘;’;)

    あ、まさに揺らすでないのトコで思い出したんだけど
    ワニがとびかかって来るところを主観で見ると
    かなり迫力があってお勧め…!