【FF14 漫画】もしこうだとヤバいサボテンダー・ダイニングテーブル

FF14漫画(最新)
スポンサーリンク

接 触 注 意!
※実際には安全な家具です。

 

サボテンダー・ダイニングテーブルのハードモードを妄想してみよう!

 

やぁ、諸君
いらっしゃい。

 

 

立ち話もなんだし共に卓を
囲もうじゃあないか

 

 

 

 

 

 

刺 さ る が ね。

 

 

という事で、本日は
サボテンダー・ダイニングテーブルの


ハードモードを妄想して
みる事としよう。

 

 

内容としては

このテーブルに
付属している針が

 

例えば…

パンデモニウム辺獄編外周の針の様に
即死効果を持つ仕様だったら?
と、した上で

 

 

机の上にとっても美味しそうな
ケーキを乗せると、はたして無事に
ケーキを食べる事ができるのか?

というものである。

 

 

文字だけでも既に伝わると思われるが
針が「無害針」から「即死針」に
変化する事によりこの机は
一気に恐ろしいものと化す。
本来、何の問題もなく
始まる
はずのスイーツタイムが

 

 

触れると死ぬという
制約がつくことにより


突如デスゲームへと
豹変するのである。

 

 

 

…というか、そもそも
「何故コイツこんな意味不明な
事を考えているのか?」

思慮深い方は思うかもしれないが

 

 


このブログでその辺に
脳のリソースを割くと
大変割に合わない為
あまりお勧めは出来ない。

 

 

さて、話を戻しケーキ攻略を行おう。
パッと見、卓上へとシンプルに
ジャンプするのが良さそうではあるが
生半可なジャンプでは

 

 

 

 

恐らくこうである。

 

 

 

そこで考えたのが

コレだ。

 

 

ご存じイルーシブジャンプ。
15メートル後方に華麗かつ
ダイナミックにジャンプする
アビリティである。

 

 

つまり「即死針」があって手を
伸ばす事すら難しいハズの
ケーキがある卓上へ

このイルーシブジャンプで到達し
ケーキをいただきキャット

してやろうという訳だ…!

 

 

さぁ、諸君。

 

 

我 々 の 勝 ち だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

…!?

 

 

 

諸君。私は功を急ぐあまり
基本的な事を見落としていた。

 

 

そう、それはイルーシブジャンプに
限らずではあるが…

移動系のスキルは、見た目の上では
飛んでいたりワープしていたり
しようとも、実際には
目的方向へとただただ
地面を推進しているだけ
だという事を。

 

 

つまり、そう。

 

 

 

このイルーシブジャンプ作戦により
掴んだものは、勝利などではなく

 

 

 

 

地獄への片道切符
という事になる。

 

 

 

 

 

結論。

 

 

 

 

 

 

この机の針が

即死仕様じゃなくて
本当に良かった。

コメント

  1. メビウス より:

    ゴッドベルトさんの事だから
    「ホッホウ! サボテンダーは、トゲの鋭さも大事ですぞ!」って言って作った感じの、危ない針してますからね…w ジャンプ(スライド移動)で、一本橋から落ちた思いでも、蘇り楽しかったですw

  2. Nolca Himabami Nolca Himabami より:

    メビウスさん>>

    屈強極まるゴッドベルトさんだと、刺さっても無傷そうなだけに
    危険物と思ってなさそうなのが怖いですね((((‘;’)))

    一本橋は、サンクレッドがピョンと飛んで見せるのが罠ですよねw
    「そうか!飛べるんだぁ!」と思って奈落に飲まれたヒカセンは
    どれ程いるのか気になる所…( ゚Д゚)